医療連携携帯手帳



慢性期の治療で、自分の羅患している状態がよく分かるために、外来血圧や検査値、服用している薬が記載された医療連携携帯手帳を通院している患者さんにお渡ししています。

今は病院と診療所のいわゆる病診連携、診療所と診療所のいわゆる診診連携など、地域に育まれた医療連携の時代です。どの医療機関に受診する時もこの医療連携携帯手帳を持っていけば、診療がスムーズにすすみます。

これからもいろいろな工夫を考えていきますのでご期待ください。