ジェネリック薬品の処方について


先発品の特許が切れた後に、主たる薬効成分が同じであるとして、
別のメーカーが販売する薬品が
ジェネリック薬品です。

しかしながら、製造方法が異なることから、その効果は決して同一ではありません。
不純物が混入、薬の効果のバラツキ、臨床効果への疑問など、
明らかにしなければならない問題点が様々あります。

その結果、良いか悪いかの区別がつかない薬品が存在するのが現状です。
先発品と比べ、本当に有効性や安全性が同等であるかについての信頼性を、
国やジェネリック薬品メーカー自らが示さなければ、薬害問題が起こってしまいます。

日本の医療費を考えれば、ジェネリック薬品を適正に使用していく必要があります。
しかし、経済的誘導からだけで、品質への取り組みが疎かにされている現状が問題なのです。

実際に使用すると、医療機関や薬局に利益の上乗せがあり、
それを目的に使用している例もあります。

当院では、その有効性と安全性が確認できるまでは、
ジェネリック薬品の使用は原則控えさせていただきます