当院での医療連携手帳
 

医療連携手帳は受診ごとに毎回持参してください。

医療連携手帳には、病態・検査データ・処方内容が記入・添付されます。
医療連携手帳は患者さん自身が現在どのような状態にあるのか、
どんな病気にかかっていて、そのためにどんな薬を飲んでいるのかを知ってもらうためです。

医療連携手帳は当院だけでなく、どの医療機関にかかる時も持っていくようにして下さい。
また、慢性疾患でかかっている途中で、急性疾患にて受診する時も必ず持参して下さい。
これは病態の変化によって、慢性の薬を一時的に、その一部を減量する時に非常に便利だからです。

 

服用し忘れる事が自分自身のリスクになる事をよく理解して下さい。

実際によくある事ですが、「飲み忘れたのを言わないで、いい顔をして飲んだと嘘をつくと、
医師の方はこの量で効かないなら、他のもう少し強めの薬に変えようかと思ってしまう」ことがあります。
「余ったら余ったと持参して頂ければ、その薬を利用すれば、薬剤代も安くすむ」こともあるのです。
飲み忘れた薬を次の診察時に持ってきたほうが、経済的にも医療の面からも患者サイドからみても、
より得で、安心で、有用である事を知って頂ければ幸いです。

そして、飲み忘れや、余った薬を菓子箱の中に入れて、
どんな時に何のために服用するのか分からなくなってしまうような薬が家庭に増えるなどということは、
決してしてはいけないことです。このシステムは薬剤情報提供のみではないのです。
病態・病名の情報が大きなポイントのひとつです。

この医療連携手帳は、他の医療機関に受診する時も、必ず持参するようにして下さい。
病態の変化や、他の病気の合併などで他院を受診した場合に、
この病態・病名情報書を持っていれば、病名・病態の箇所に記入されていることによって、
追加の薬剤処方の事ばかりでなく、診察時の対応そのものに対しても大きな援助となるのです。

医療連携手帳は、たんに服用する薬剤情報だけでなく、
自分がかかっている病態・病名を明らかにするシステムですこれは患者本人が認知するためだけではなく、
他の医療機関に受診する際に、診療や投薬をスムーズにすることも目的としているのです。